So-net無料ブログ作成
検索選択

クロモリ・フレームのビアンキ、再塗装依頼。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 先日、馴染みの自転車屋にビアンキを持って行ったところ店主が「ケーブルのガイドが腐ってモゲそうだし、ここまでアレだとプロのフレームビルダーじゃないと無理ですね」とのこと。で、ネットで探した。いた、プロが。それも埼玉県の、ウチからクルマで30分くらいのところに!

 で、本日そこに行って見てぶったまげた。山の中の、看板も出してないプレハブの中に、ありとあらゆる機械と道具と治具があって、修理中・塗装中のフレームが何本もある。迎えてくれたフレームビルダーが「じゃ、まずフレームの歪みを見ます」といって、作業台から垂直に立っている金属の円柱にBB部を差し込んで固定し、フレームの各所にピッピッと治具を当てていく。「だいたいよさそうですけど、2カ所ほど歪んでるので直します」といって細めの鉄パイプでグイッとやったりプラハンマーで叩いたりし、治具を当てなおして「これでオーケーです」。しかるのちに「ケーブルガイドは新しいのを溶接し直すしかないので、これは落としちゃいます」とグラインダーで削り、「Bianchiロゴは現車のから型取ってマスキングを作ります」つって、ええ?!カッティングシートで作って貼るんじゃなくて、マスキング塗り分けなのか!

 で、そのプロがおっしゃるには、この15年前のクロモリ・ビアンキは、従来のラグ式からTIG溶接に替わった最初の頃の正真正銘イタリアンメイドのやつで、もうすこし時代が下ると台湾製となり、それから素材がアルミに替わって、さらに現在のカーボンに至ると。現在クロモリ・フレームを買おうと思っても、チネリ・スーパーコルサにしてもコルナゴ・マスターにしてもデ・ローザのプリマトにしても、みんな第3国に下請けに出してると。したがってこれを塗り直してまた乗るのは無駄じゃないどころか価値がある、とのことであった。ははー。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 1

  • こいし
    こいし

コメント 5

こいし

こんにちは♪
プロの方のすごさが伝わります♪さすがって感じですね~。
私の乗ってるのは単なるママチャリなので、こういう方の出番はないのですが、私の行きつけの自転車やさんでも、手際がいいとかっこいい~と思っちゃうので、↑こんなプロの方の仕事振りを見てしまった日には、目がハートになっちゃいそうです♪
by こいし (2007-09-28 20:01) 

エレキマン

まったくです。世の中にはスゴイひとがいるもんだ、いるところにはいるんだ!と感動した一日でした。わたくし長年自転車乗ってますが、いわゆる「工房」は初めてでしたので、見るもの全てが目からウロコでした。
by エレキマン (2007-09-28 20:57) 

トト

こんにちは。ほんと、スゴイですねぇ。
エレキマンさんのこの記事を見て、私も20年ほど前の錆びついたボテッキアを、新車当時に蘇らせたいと思いました。
ところでエレキマンさんの依頼したこの職人さんは何処の工房でしょうか?
もしかして、「絹自転車製作所」でしょうか?よかったら教えてほしいです。
お願いします。
by トト (2007-10-27 16:47) 

エレキマン

はじめまして。ご指摘のとおり、絹自転車製作所です。坂戸のむこうの、山の中にあります。しかしボテッキアとはまた、名門中の名門ですね!
by エレキマン (2007-10-27 19:13) 

トト

ありがとうございます。
近日中に「シルク」さんに相談してみます。
今から楽しみです。
by トト (2007-10-27 19:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。