So-net無料ブログ作成

鍼灸治療で別人に。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 夕食に得意の青椒肉絲焼きそばをつくった。家族はみんなよろこんで食べてくれたが、自分はなんだか食欲がなく。それどころか胸がつかえたようにオエッとなって、さきほどガスターを飲んだ。こんなことってじつに半年ぶりくらい、また猛暑が戻ってきたせいなのか。

 思えばこのようなことは、以前は極めて頻繁にあった。なんかもうちょっとアレすると胸焼け気味、とか過敏性大腸炎、とか逆流性胃腸炎?とか。そうやってヤラれる都度、ガスターとかイリボーとかガスモチンとかムコスタなどを飲み散らかし。デパスとマイスリーは手放せず、けっこうな量の飲酒に喫煙、片頭痛がきてイミグラン。しかしこんな状態であっても、もっと以前、抗鬱剤を服用していたときに比べればなんぼかマシになったんだと思っていたのだから恐ろしい。

 喫煙は、大腿骨骨折を機に止めた。そしてタバコ以外の全てから開放されたのは、2年前に鍼灸治療に出会ったおかげ。薬はぜんぶやめることができ、飲酒は「けっこうな量」から「適量」に。片頭痛はまぁ、今後二度と来ないとは断言できないが、ロン牌を掴んでくる気はまったくしていない。「生まれ変わったよう」とはまさにこのこと、ほんの数年前の自分がまったく別の人間に思えるほどに、とても不思議な感覚。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「らーめん てつや」高円寺店。

 この2日間頭痛なし。

 妻に無理をいって昨日の夕方、伊勢丹メンズ館に出直した。ミラノで買えずに帰国して以来ずーっとモヤモヤしていたGIORGIO BRATO、8月も終わりになってようーやく秋冬物がずらっと揃った中から、コーヒー色の革ジャンを購入。納得のいく形とサイズが選べて大満足、イタリアに行くことを思えば値段も実にリーズナブル。

 さて、吉祥寺に移動するにも、馴染みのバーのオープンにはまだちょっと早い… と突然にひらめいた、「らーめん てつや」高円寺店に行ってみようと。スマホで調べ、丸ノ内線の東高円寺で下りて、高円寺陸橋のふもとにある同店に入った。お、東京では自販機で食券を買うのね。味噌ラーメンと、ビールは… オオ〜! サッポロ黒ラベルの、しかも小瓶があるのかよスバラシイ!

 いつも行く北32条店においてあるビールはスーパードライの中瓶。よく冷えたスーパードライってなんの味もしない、文字通り味気のない飲み物だし、ラーメンを食べるんだから中瓶では量が多くて持て余すのだ。小瓶を飲み切ったところにちょうど出てきた味噌ラーメンは、札幌で食べるのとおんなじ味で感動した。吉祥寺に移動して、待ち合わせた友人・大山くん(仮名)と「革ジャン買ってきた」「この真夏にか!」とか言いながら5ツ飲み、バッチリ収まって帰宅。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初めてのおつかい。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 小2の長男の夏休みの宿題のひとつ、ふだんなかなかできない、日常生活にまつわる30種類のチャレンジ。あと6〜7コ残っているなかに「おつかいにいく」と「だれかに手紙(ハガキ)を出す」というのがある。じゃじゃじゃじゃぁ〜「おつかい」として、向かいの郵便局で「かもめ〜る」のハガキを買ってきて、それでおじいちゃんに暑中見舞いを出せば2ついっぺんにクリアだ! いいね! いいぞ! と盛り上がり。「かもめ〜る」にはふつうの白のと、スイカと花火の柄の3種類があるところ、ボク花火がいい、そうか花火だね、と。紙質はふつうのと、パソコンで印刷する用の「インクジェット」というのがあるけどふつうのでいいから、うんわかった、と。かように段取りした上で、ちゃんと横断歩道を渡るんだよ、と50円玉を持たせたところ…

 5分後、いかりや長介のように下唇を突き出しながら帰ってきた、しかも手ぶらで。どうしたのかと問うと、「あのね、『かもめ〜る』を売るのはね、こないだの金曜日で終わりなんだって」いや〜そうだったか。初めてのおつかいが空振りに終わった格好になり、「ボクなんだかつまんない」と収まらない様子。うん、その気持ちはよく分かる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワールドウォッチフェアで勉強になる。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 あともう一息でこども達の夏休みが終わる、親としてはヤラれのピークに来ているこの絶好のタイミングで本日鍼灸治療。疲れの出具合が著しいのか、打たれる鍼がたいそう痛かった。

 今日は帰りが遅くなると言って出かけたのだ。治療が終わって、四川飯店で酸辣湯麺。8階に下りて、最終日のワールドウォッチフェア。パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、および念のためにブライトリングを見学。以前からヴァシュロンには大いに惹かれていた自分だが、こうして同時に眺めてみると、パテックのほうがあらゆる意味で断然格上だということがよくわかった、勉強になりました。なお、帰り際にフランク・ミュラーのブースのそばを通ったら、ほかとは層が明らかに異なる、極めてカジュアルなヤング(←死語)が集っていた。なるほどね。

 貴重なオフの日(?)をここまで当初予定通りに過し、次に地下鉄で新宿三丁目に行ってB4出口に向うと… ええ〜、今日休みなのかよ伊勢丹! この秋冬、誰よりも早くイタリアンな革ジャン買おうと思ってわざわざ来たのに。肩をカカトまで落とし、吉祥寺の馴染みのバーも後日に回すことにして早々に帰宅… 収まらん。いやもう、ぜんぜん収まらない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Live! Live! Live! InterFM Endless Summer」

 夕べも今朝も頭痛なし。

 今週のinter fmはライブ特集、各番組がライブ音源を中心にオンエアしていくという企画。で、今朝の「BARAKAN MORNING」ではオールマンブラザーズ・バンドの「At Fillmore East」から、「Statesboro Blues」→「In Memory of Elizabeth Reed」→「One Way Out」とまさかの3曲連続。タジ・マハールを1曲挟んでウェザー・リポート「8:30」から「Black Market」 …キツい。月曜の朝からこんなラインナップ、しかも「エリザベス・リード」は12分全曲だもん。最後はジャコのベースで頭の中がブンバカに。

 なお、↑の企画のタイトルは「Live! Live! Live! InterFM Endless Summer」、しかしなんだか急に秋めいてきたかんじ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつもこうなら、競馬はかんたん。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 ブエルタ・ア・エスパーニャは放送時間が深夜〜明け方になるため、生で見る気はハナからないので身体によろしい。で、今朝起きて録画を見たらなんと… ハ、ハ、ハイビジョンになっている!

 第1ステージはチームタイムトライアル。最終スタートのアスタナが第1・第2計測ともトップタイム、このリードを維持したままゴールに流れ込む… 直前でニバリに入れ替わってブライコビッチ先頭でフィニッシュ、ええ〜! なんかちょっと心配になったけど、謀反(?)でもなんでもない模様。なお、ブライコビッチがしているオークリーのサングラス、昔のゼロみたいなフレームとレンズが一体になっているあれは新型か? 要経過観察。

 まったく投票していない夏競馬、ひさびさに今日はちょっとやるか… と出走表を眺めたが、手が出せそうに思えたのは函館メイン・キーンランドCのみ。4番人気・フォーエバーマークの単勝は5倍見当、こんなもん復勝を押さえたって仕方がないんだから単勝にぱつーんとスイチで。道中先頭で4コーナー回って直線、大外から1番人気ストレイトガールがぐんぐんぐんぐん迫ってくるところ、「凌げ村田ぁ〜!」と絶叫して見事1着、単勝配当520円。いつもこうなら、競馬はかんたんだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブエルタ・ア・エスパーニャ、スタートリストをチェック中。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 昨日突然、居間のDVDデッキの電源が入らなくなった、ちっ。購入は去年の3月、パリ〜ニース第3ステージでバルベルデが完全復活のステージ優勝を挙げた、その録画がヘンになっていたのにブチ切れて、新しいのを衝動買いしたもの。それがまたこんな1年半くらいでアレするなんて、いったいどうなってるのか最近のソニーの製品は! 前のは直して予備機(?)として書斎で使っており、これと入れ替えで修理に出すので困りはしないのだけれど、なにしろ今晩からブエルタ・ア・エスパーニャだし。

 毎年ひっそりと始まるブエルタだが、始まってみると激アツの展開になるのがこの大会。スタートリストを眺めた印象は

●今年はホアキン・ロドリゲスとバルベルデが最有力か

●その他のチームのエースについて、ニバリはどの程度本気で来るか。チーム消滅が決まったサミュエル・サンチェスは、最後にひと花咲かせることができるか

●レディオシャック・レオパードはカンチェラーラがエースなの!

●チーム・スカイはエースがモントーヤ、アシストにボワッソン・ハーゲン(←もう骨折が治ったのか?)、キリエンカ、クネース、プッチョ、ウラン(!)、ザンディオその他。豪華すぎる!

●AG2Rからベタンクールが出場、活躍が楽しみ

●バルベルデのアシストにシュミットが出場、いい引きを見せてもらいたい

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悲運の山岳王。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 ウラン、ベタンクール、クインターナと、コロンビアの選手が大活躍しているロードレース界だが… キミは忘れていないか? マウリシオ・ソレルという選手がいたことを(←誰に話しかけてるんだ)。

 2007年、アクア・サッポーネからバルロワールドに移籍してきたソレルが初出場のツール・ド・フランスで大活躍、一発でファンになった。このツール、つまりコンタドールが初めて総合優勝した大会でみごと山岳賞を獲得し(←しかもコンチネンタル・チーム所属で)、「トレドの鷹」バハモンテスはちょっと古いから(失礼)、ルイス・エレラの再来と目された。このときソレル24歳、この若者はいったいどこまで伸びるのかと。ところが、2年連続山岳賞が期待された2008年のツールで、第1ステージ残り1㎞を切ったところで起きた落車に巻き込まれ、手首を骨折して早々とリタイヤ。以降しばらく、彼の名前を聞くことはなかった。

 2011年、モビスターのジャージでツール・ド・スイスに出場したソレルは第2ステージの山頂ゴールを制してステージ優勝、長かった… これで完全復活かと思われた矢先、第6ステージの下りで落車。頭蓋骨を骨折し、意識不明のままヘリで病院に運ばれるなんて… 以降、たまにVeloNewsで報じられる彼の消息はかんばしいものではなく、十分な回復を見せないまま2012年にロードレースからの引退を表明した。

 ↑相当な重症であった模様で、もう一度自転車に乗るどころか、もしかしたら今はベッドから、故郷の山々を眺めるだけかもしれないけれど。忘れないよ山岳王、あのときの水玉ジャージ姿。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミック・フリートウッドのドライビング。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 毎回楽しみに見ている「Top Gear」、どうーもおかしいとは思っていたのだが、「Star in a Reasonably Priced Car」のコーナーをたまにカットしてるな!

 ひとつ前の第19シリーズのある回で、有名人レースのコーナーがなかったのに、エンドロールのゲストに「Mick Fleetwood」と表示があったのに気付いて、あれ?と思ったのだ。現在放送中の第20シリーズでは、ドラマ「シャーロック」の俳優、ベネディクト・カンバーバッチのは放送された一方で、その前の回ではゲスト欄に「Ron Howard」とあったのに放送はなし。日本ではあまり知られてなさそうな有名人の場合はカットするのか? それにしても見たかったぞ、ミック・フリートウッドのドライビング。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「英雄たちの夏物語」、窪田等のナレーション。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 第100回記念大会ということで、ほぼ10年ぶりに復活したツール・ド・フランスの総集編「英雄たちの夏物語」の録画を見た。ナレーションはもちろん窪田等、オープニングでいきなりヤラれてもう、涙が止まらない


 潮風を切り裂き 憧れの男たちが近づいてくる
 水はどこまでも清く 我がふるさとは美しい
 ツールが行くところ フランスは沸騰
 おらが村に 100回目の大きな祭りがやってきた

 夏の山を埋め尽くす 熱狂の人々 突き進む闘志
 身体一つ 自転車一台 人生は旅 人生は闘い
 第100回ツール・ド・フランス 英雄たちの夏物語が綴られてゆく

 
 そして迎えたエンディング、よぉーし泣くぞ、号泣するぞ! お約束の、映画「ライト・スタッフ」のサウンドトラックがかかって、さぁ感動のナレーションが… 聞こえない〜! BGMのボリュームが大き過ぎて、窪田氏が言っていることが聞きとりづらいは! ミキシングし直して再放送してくれないかJ SPORTS。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感