So-net無料ブログ作成
検索選択

ユニクロのレッチリTシャツ。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 こども達の服を買う、というのでみんなでモールに出かけた。ユニクロに行って選ばせながら、ホントこの店ってオレの人生になんの関係もないよな、と思いつつメンズTシャツのコーナーを通りがかったらぬぉおおおおおお、なんじゃいコレはぁああああああっ?! メタリカとエアロとレッチリ!

 で、一旦冷静になると、メタリカのファンではまったくなく、エアロスミスのはデザインが今ひとつで残念。一方レッチリは、例のマークがズドーンと大きく胸に配されている直球な図案、それでいいんだよ!と即購入、1500円。

自慢のキッチンに凹み。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 今朝起きて、まず台所で漢方薬を飲もうと思って愕然、リフォームした自慢のキッチンのステンレストップに凹みがぁっ! 固い尖ったものでも落としたかのようなエクボ様の凹みだが、自分も妻もまったく覚えがないのが不思議だ。

 意気消沈しつつLIXILに問い合わせるとなんと、こういうのは修理不可能だとのこと、オーマイガァッ! やるとしたら天板の交換、数十万コースになるというからそれは論外。クルマだって、いくら大事に乗っていたってやるときはやるんだから、凹んじゃったものは仕方がないと修理するわけだが、それができないったらショックでかいは! その凹みとずーっと付き合って行くことになるわけだし。フェンダーみたいに取り外し可能にするとか、なんとかならないか!

勤めていた頃のチェスターコート。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 毎日毎日寒いので、出かけるときはダウン。そうかといってこないだもダウン、今日もダウン、とワンパターンでは気分も変らないし人生に潤いがない。だったらダウンをもう一個あれして、交互に? とそういうことでもないでしょうと。

 で、本日の外出にあたっては、勤めていた頃のチェスターコートを出してきて着てみた。20年近く前のものだけれど、ポール・スチュアートのちゃんとしたやつだから軽くて暖かい、まぁ今どきでは丈が長過ぎる気もするが。ジーンズとブーツに合わせてみたが、まぁこういうのもアリかと。ただ、これを着ていると、当時のヤなことがどんどん思い出されるのが難点。とはいえ、コートに罪はないんだしな。

ジェームズ・メイの世界の国民車。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 話題が「Top Gear」続きで。スペシャル番組「ジェームズ・メイの世界の国民車」の録画を見た。日本編で、ジェームズがスーパーカブに乗っているシーン、ものすごく見覚えのあるこの景色は、コマ送りで確認してみたらオオ〜やっぱり! 高麗神社の前の道。ということは、所沢ナンバーのマツダ R360は、ところさわ自動車学校の校長のコレクションに違いない。

高級品のイメージ。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 アタマがおかしいんじゃないだろうか? と思うのはサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」のCM。出演者に「今日はプレモルにしよう」と言わせているあれだが、売る方が自ら商品名を略してどうする。安物ならともかく、「プレミアムビールの理想を追求し、素材と製法に徹底的なこだわりをもって作った」製品をだ、「ザ」まで冠するほどの。

 買う方はどう呼んでもいい、長ければ省略してベンツでもヴィトンでも。しかしディーラーや店のスタッフは、いかなるときも決して省略せず「わたくしどもメルセデス・ベンツは」「わたくしどもルイ・ヴィトンは」と言うでしょうよ(←まぁどちらにも行ったことないんだけれど、たぶん)。「パテック」と略す時計屋からパテック フィリップは買いたくないし、「ドンペリ」と略すバーテンダーがいる店では飲まない方がいい。こうした様々な気遣いが百年積み重なってようやく醸成されるのが高級ブランドのイメージというもの、一流の品を扱う人々は、ここらへん一瞬でも気を抜いたらとたんに落ち目になることをよく弁えている。

 レクサス LFAのインプレッションでのジェレミー・クラークソンの名言

 「20万ポンドもするのに、ついてるのはレクサスのエンブレム!」

「三十槌の氷柱」(みそつちのつらら)。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 埼玉県西部に住んでいても、秩父へはほとんどドライブしたことがない。299号線を延々行くのがかったるいもん、混んでるし、ダンプも多いし。秩父市街の先は、十国峠を越えて小海に抜けても帰りがたいへんだし、140号線は雁坂トンネルがいったいいつ開通するんだか、誰にもわからなかったし。

 本日、土曜の授業参観の振替で次女と長男が休みということで、秩父湖そばの「三十槌の氷柱」(みそつちのつらら)を見に行った。最寄りの駐車場はウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場、氷柱を見学してから売店で味噌ポテト。雁坂トンネルを越え、道の駅「花かげの郷まきおか」で昼食。たまたま通りかかった「勝沼ぶどうの丘」から甲府盆地を眺め、勝沼I.C.から中央道→圏央道で帰宅。この時期のこのルートもスタッドレスを履いていればこそ、じつに面白かった。

 で、いま調べてみると、雁坂トンネルの開通は1998年。そんな前だったのにまったく知らなかったとは、ホントこっち方面に気が向いてなかったんだなと。

AJCC、クリールカイザーの復勝1点。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 本日、次女と長男は郷土カルタの市大会に出場(←妻が付き添い)。自分と長女はレンジローバー スポーツに履いたスタッドレスの性能を確かめるため、昼過ぎに軽井沢に向った。アウトレットを冷やかした帰り、妙義荒船林道に踏み込んでみたのだが、圧雪のけっこうな勾配もなんとか登っていくのがスゲー。残念ながら200mほど行ったところで通行止めになっていたので、今日はこのくらいにしといてやるかと引き返した。

 ↑出かける前に投票しておいた中山メイン・AJCC、ダントツ1番人気のゴールドシップに逆らってもしょうがないんだから、復勝圏内間違いなさそうなのは… 4番人気クリールカイザー。田辺が果敢に出していき、逃げねばっての2・3着はじゅうぶんあると復勝1点。ところが、帰宅して結果を見るとなんとクリールカイザー1着、ああーちょっとでいいから単勝(1,380円)も買っとけよ! で、ゴールドシップ7着ってどうしちゃったの? ま、そのおかげでクリールカイザーの復勝が470円もついて、昨日の負けをいくらか取り戻せたけれど。

授業参観にスリッパ。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 その昔、祖父が冬場に孫(←オレではなく弟なのだが、2番目か3番目かどちらだったか)の授業参観に行った際、うっかりスリッパを忘れてしまい。仕方がないので靴下のまま参観したところ風邪を引き、これが原因で亡くなった。以来、ウチでは学校に行くのにスリッパは絶対。本日の下の子2人の小学校の参観も、スリッパはもちろんのことミズノ・ブレスサーモ、ダウンパーカ、マフラー、手袋と完全防寒で。

 帰宅して本日の競馬、中京メイン・中京スポニチ賞。3番人気ワールンガの単復を買うと道中は4〜5番手、4コーナー回って直線で外に出した勝浦、素晴らしい脚色で先頭に立ち、そのまま押し切って1着。単勝620円、復勝240円。

 ↑で非常に気分よく迎えた京都メイン・京都牝馬S、我が家の一口馬ダンスアミーガ3番人気。単復に腰が抜けるほどいくと、道中は中団につけて4コーナー回って直線、デムーロ弟が仕掛けるが… 弾けない! そのまま流れ込んでの7着とは、なんとも不完全燃焼なレース。最終R、中京で6番人気シホウの復勝(3着・川須)、中山で2番人気ツクバアズマオーの復勝(2着・吉田豊)を獲るも焼け石に水。

レンジローバー スポーツのホイール(その7)。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 OZのホームページが更新され、MONTECARLO-HLTのページから「COMING SOON」が取れて、ちゃんとしたサイズ表が載った。これまでのOZジャパンの言いぶりとは異なり、新型レンジローバー スポーツに適合してるじゃないか! ただし3リッターモデルのみ(5リッターは不可)、サイズは22インチのみ。

 インチアップする気はまったくないので、同表に旧型レンジローバー スポーツ用で記載がある20インチが履けないか。両者とも9.5J、5×120で共通しているところ、オフセットが異なっている(新型用45、旧型用52)。サイズ的には履けるとしても、またごちゃごちゃ言われてはかなわないので、こないだの「新型に乗ってるエレキ」とはまったく別の、旧型オーナーのふりをする必要あるか。

 なお、先方が「こっちなら問題なく適合してるんですけどね」と言っていたMONACO-HLTの表を見ると、あるのは旧型レンジローバー スポーツだけで、新型については一切記載がないのはどういうわけなんだ? ここらへん、ちょっといい加減に過ぎるのではないか、なんぼ相手がイタリアとはいえ。

街角スナップ。

 夕べも今朝も頭痛なし。

●いつも使っている「窓フクピカ」よりも断然お買い得なので、カインズホーム印の類似品を買ってみたところ、これがぜーんぜんダメ。拭けば拭くほど跡が残っちゃってまったく役に立たないとは、ソフト99恐れ入りました

●本屋に行ってメンズファッション誌のコーナーを見たら、いま出ている雑誌のほとんどがいわゆる「街角スナップ」の企画。そこらへん歩ってるシロウトが何を着てるかなんて、そんなの参考にするかぁ? 買いません。しかしあれなの、年末はなにかと忙しいから、この時期出るのはどこもこうして易きに流れるということなのか

●オーストラリアでツアー・ダウン・アンダー、アルゼンチンでツール・ド・サン・ルイが始まった。今年もよろしく