So-net無料ブログ作成

トム・デュムラン、マンガでしかありえないステージ優勝。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 ワコーズの「スーパーハード」、ドアノブとリヤゲートのオープナーにも塗ってご満悦。それにしてもこのクルマのドアノブのデザインは、さすがジウジアーロ大先生である。外はもちろんだが、内側のノブも天才の仕事ぶり炸裂で。

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージ、1級山岳の頂上ゴール。登坂距離は4.1kmと短いが、勾配は最大で19%! 残り3.4kmで逃げ集団を吸収すると、プロトンからバルベルデとキンタナが交互に飛び出して揺さぶりをかける。これについていく有力どころはホアキン・ロドリゲス、チャベス、マイカ、アル、ロッシュら、フルームはもひとつ調子が悪そう。残り2.7km、総合2位のデュムランがアターック! これは一旦潰されるが残り1.7km、デュムランまたまたアターック(その2)!! なんでこんなに登れるんだ、この選手はTTスペシャリストじゃなかったのか?

 フラムルージュを通過して、追走はフルーム、マイカ、ホアキン・ロドリゲスの4名に絞られた。残り500m:ついにデュムランが捕まり(ここでマイカがチギれて3人に)、残り400m:ホアキン・ロドリゲスがアタック! う〜んこれで決まったか、と思われたものの残り300m:ホアキンをかわしてフルームがアターック! 例のシャカシャカの、とんでもない高ケイデンスで回す回す、たまらずデュムランがチギれ、ホアキンがなんとか喰らいついていこうとするがどんどん差をつけるフルーム。さすがは今年のツール勝者、これまで遅れ気味に見せていたのは得意のマイペース走法だったのね、いずれにしてもこれでステージは決まった…

 と誰もが思ったその後ろで、ホアキンを抜き去って加速してくる白/黒のジャージは… デュ、デュ、デュムラン〜? オイオイさっきチギれただろ完全にぃ〜! とこっちも混乱しながら見ていると、えええー? ゴール前50mでフルームに追いつき追い越して、でも見た感じケイデンスは両者変わらないようだが… かかっているギヤが違うのか! こんなステージ優勝なんてマンガでしかありえない、いやーっものすげえもんを見たーっ!

 トム・デュムラン、ジャイアント・アルペシン、24歳・オランダ。ステージと総合の表彰台で見せた笑顔は、どことなくフースホフトに似ている(←ということは野性爆弾にも)。今後どこまで伸びるのか、もう少し体重を落とし経験を積んでいけば、グランツールの総合優勝を常に争う選手になること間違いなし。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワコーズ「スーパーハード」。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 インテグラーレのサイドスカート、黒のプラスチック。20年以上乗っているから白っちゃけてしまっているのは仕方がないが、アーマーオール(注)やなんかじゃ塗った直後はともかく、すぐ元に戻ってしまうのはどうしたらいいのかずっと悩んでいた。

 すると、このたび耳に入ってきたのがワコーズの「スーパーハード」。ものすごくいい値段がするこの製品、思い切って購入したのが届いたのでさっそく塗ってみると… 新車か! ついこないだ納車されたばかりみたいに黒々として、グッと引き締まって見えるじゃないの。じゃじゃじゃじゃあ〜リヤの、ナンバープレート周りのプラスチックにも塗って、いやもう実に素晴らしい仕上がり。早く買っとくんだったと不明を恥じるとともに、どこかほかにもっと塗るところはないかな!

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ、中継開始直後の大規模な落車でボックマンス(ロット・ソウダル)、ティジェイ・ヴァンガーデレン、ダニエル・マーティン、ブアニら有力どころがリタイヤ。

 周回コースで2回通った3級山岳でスプリンター達が遅れ、唯一残ったサガンも残り6km地点でなんと、ニュートラルのモトに引っ掛けられて落車。大混乱のゴールスプリントを制したのはトレックのジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、23歳)だがこの選手はもとより、トップ10リザルトに載った誰もが集団スプリントのステージではまずもって名前が挙がらない面々。

 なお、ボックマンスの容体は相当深刻、ティンコフ・サクソは大会側に法的措置を講ずるとのことだが… なにより驚いたのは後報で、ストゥイヴェンも実は落車に巻き込まれており、その際に左手首を骨折していたことがわかったという…

(注)「Armor All」 妻はこれをずっと「アーマーオイル」だと思っていた

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ディスクブレーキ実戦テスト。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 スーパーに買い物に行く途中で追突事故現場に遭遇し、オオ〜けっこうばっこしいってるな! と思いながら帰ってきた。昼食後、食休みに「おにぎりあたためますか」の録画を見たら、こないだの続き(?)の北海道弁ネタでシゲちゃんが、「ばっこし」が東京で通じなかった話をしていてなんてタイムリーなんだと爆笑。

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージ、1級山岳上りゴール。レースは5人逃げ、プロトンとの差10分以上で推移したのだが結果は… 見事逃げ切り! 最後まで逃げ続けた2人のうち、コシェヴォイ(ランプレ)の勢いが勝ると誰もが思ったが、ゴール前でがつーんと引き離したのはリンデマン(ロット・ユンボ)のほう! 最後の最後まで脚を貯めたクレバーな走りで、グランツール初ステージ優勝。

 一昨日の第6ステージで、トレックのイリサールがシマノのディスクブレーキを装着して走った。VeloNewsによればイリサールは、ブレーキ性能の高さを賞賛しつつも、むき出しのブレーキディスクが集団落車などの際に危険となりうると指摘。MTBやシクロクロスでは標準となっているディスクブレーキだが、ロードレースでは主に重量とホイールの交換スピードの問題から導入が進んでいない。UCIはこの8〜9月および来年をテスト期間とし、可能であれば2017年シーズンまでの導入を目指している。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一発芸「クルマの修理」。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 小4の息子が居間のこたつテーブルのところで「パパー、いい? 見ててね」と言う。先に言ってしまうと、彼はこの下に仰向けで潜り込んで「クルマの修理!」とやりたかったのだが、体育座りから仰向けになるとき近すぎたものだから、後頭部をテーブルの端に強打して「あう〜」とうずくまった、そっちの方が面白いっての。

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第6ステージ、3級山岳の上りゴールを制したのはオリカ・グリーンエッジのチャベス。ゴール前3㎞のアタックを一発で決めた、切れ味鋭い素晴らしい仕掛けだった。昨日トム・デュムラン(ジャイアント・アルペシン)に渡したリーダー・ジャージも1日で取り戻す。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロケットの後継者。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 MARC JACOBSの広告で子供を抱いている男、まさかのアンソニー・キーディス? 検索したらやっぱりそうで、女の子にしか見えないロングヘアの可愛らしい子供は7歳の一人息子だそう。MARC JACOBSってよく知らないんだけれど、レッチリなテイストのブランドなの? どうなの。

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージ、平坦だと思ったらゴール前1kmがけっこうな上り。デゲンコルブをかわし、サガンをおさえて力強く突き抜けた小柄な選手はオリカ・グリーンエッジのカレブ・ユワン(Caleb Ewan)、21歳。ゴール後、インタビュアーが「Pocket-Rocket」と呼んでいたけれど、それはマキュアン先生(Robbie McEwen)公認? 実況が「ユワンの前に”Mc”をつけたらマキュアンになる」と言っていて、残念ながらそれはちょっと違ったけれど後継者として有力なのは間違いない、今後要注目選手。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋への準備。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 本日鍼灸治療、そのあと秋冬物のジャケットを見に馴染みのセレクトショップ。雨降りの、最高気温20度ちょっとだなんて、Tシャツの上にスプリングコートを羽織って出かけた。濃紺のジャケットを買い、あらかじめ宅配便で送っておいたシャツ5枚(←これまでこの店で買ったもの)の袖を詰めるべく採寸してもらって、秋への準備早くも完了。

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ、平坦だと思ったらゴール前数kmが、アルデンヌ・クラシック級の上りなの! 残り1.5kmでサミュエル・サンチェスが飛び出したときには声も枯れよと応援したが、スカイのニコラス・ロッシュがぴったりマーク。十数m後ろから追ってくる集団の前方ではバルベルデ、ロドリゲス、サガンらが位置取る。

 いやはや、そしたらもう〜バルベルデが! サンチェスが先にチギれていって単独でもがくロッシュだが、これをゴール前100mで計ったように捉えると、背後をマークするサガンの進路にうまーく寄せながら先頭でゴール! ベテランらしいさすがの走り、じつにいいものを見せてもらった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「肉ロックフェス」でレッド・ウォーリアーズ再結成。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第3ステージ、平坦。最終発射台デコルトがどいてスプリントを開始したデゲンコルブだが、その番手から逆方向に飛び出したサガン、突っ込んできたブアニも退けて待望のステージ優勝。

 昨日の「ザ DAVE FROMM SHOW」の録音を聴きながらローラーを踏んでいたところ、9月にさいたまスーパーアリーナで「肉ロックフェス」なるイベントが行われるとのこと。で、びっくり仰天したのはなんと、この日限りでレッド・ウォーリアーズが再結成するというではないか! このチケットを番組でプレゼントする、今週毎日1組2名様、というのでさっそく応募した。

 ↑に合わせて、次女が本日誕生日ということでリクエストもしたところ今日の放送で読まれ、さらに番組終わりの当選者発表でチケットが当たってしまったーっ、バカヅキハリケーン続行中!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニバリ、ブエルタを除外になる。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第2ステージ、上りゴールを制したのは最後の最後で大きい方のデュムラン(ジャイアント・アルペシン)を振り切ったエステバン・チャベス(オリカ・グリーンエッジ)、ジャージも4枚ぜんぶ獲得。

 後報で、ニバリが除外になったことを知る。残り30km地点での落車に巻き込まれたニバリ、11km地点で先頭に追いついたその間に、チームカーに掴まって走ったことが問題になったという。かかる厳しいルールの運用が何事にもおおらかなスペインでとは、そんな決定的なシーンあったかな?と見直してみると。

 残り16km地点、プロトンは先頭と追走に二分されていたところ、アシスト3人に引かれたニバリがまず追走集団に追いついた。そこからはニバリ一人で追走集団の先頭まで位置を上げていき、そこに右側からチームカーが追いついてきてニバリと並走。これを映す空撮ヘリは右上空からのためニバリは完全にクルマに隠れており、掴まっているかどうかはまったく確認できないけれど… あれれ〜? 相当な勢いで加速していくチームカー(とニバリ)、みるみる遅れていく他の選手たち、さすがにこれはアウト!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんでもAmazon。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 本日は朝イチで町内の避難訓練、小4の長男といっしょに参加。ジャンケンに勝った長男、消火器消化の体験をさせてもらう。そういやウチに消火器ってないな… これを機会に購入するか? と試しにAmazonを見てみたら、売ってるのかよ消火器なんかも! いやもう、なんでもAmazonだなぁ。

 本日の競馬、札幌メイン・札幌記念。1番人気のトーホウジャッカルで鉄より固い、菊花賞であれだけ強かった馬が負けるわけがないと三連単アタマづけで買ったのに、直線でズブズブになってチン。

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第1ステージ、7.4kmのチームT.T.。コースに危険な箇所があるとのことで、当該ステージのタイムは総合リザルトに含めないとの前代未聞の措置。

 それまで暫定トップのティンコフ・サクソを1秒上回ったBMC、ホットシートを入れ替わる。最終走者カチューシャは流して走っており、ステージ優勝がほぼ決まったBMCの面々を映す国際映像だが、そのブースの隅に座っている黄色のジャージは… なんでサガンまだそこにいるの! クリムラさん思いついて曰く、ピーター・ベリトスがスロバキアの先輩だからおしゃべりしているのではないかとのことだが、いやいや。サガンのことだし、なんも考えずに居続けただけだと思うぞ。

 なお、不出場と思われたティジェイ、よく見たら出ていた。それでもエースはサミュエル・サンチェスなんだから、久しぶりの活躍に期待。今日は3級の頂上ゴール、第2ステージからいきなりだ!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブエルタ、スタートリストをチェック中。

 夕べも今朝も頭痛なし。

 久々に暑かった、といっても猛暑日には届かないんだからかわいいものである。この夏の終わりにヘビーローテーションで聞いているのは、先述したVINTAGE TROUBLEの新譜、STRYPESの新譜、それとグレイトフル・デッドのライブ盤「Skull & Roses」。

 デッド聞いてまったりしてばかりもいられない、ただいまスタートリストをチェック中。一見しての気づきの点は

●アスタナのエースナンバーはアルなの! と思ったらアルファベット順

●BMCはティジェイ不出場、エースはなんとサミュエル・サンチェス!

●ロット・ソウダルはアダム・ハンセン出場、グランツール連続13回目

●カチューシャのエース、ホアキン・ロドリゲスがかき回してくれないか

●ティンコフのエースナンバーはマイカ!! それにサガンも出るの、どうして?

●トレックのエースはなんとカンチェラーラ… 腰椎はだいじょうぶなのか?!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感