So-net無料ブログ作成

イミグランの自己注射薬、認可待ち。

 昨夜も20時ころに一回、イミグラン点鼻薬の服用で軽く済む。就寝後、午前3時ころにトイレに起きると頭痛の予感がしたので再度イミグランを服用、ラッキー! 就寝中に痛くなって叩き起こされるのとじゃダメージがだいぶ違う。

 ところで、こないだグラクソ・スミスクラインに電話して聞いたところ

●イミグランの自己注射薬は昨年夏に厚生労働省に申請済み。同タイミングで、片頭痛の患者団体(←しまった、そんなのあるのか!)と日本頭痛学会からも認可の要望書が提出された。当社としてもなるべく早い認可を願っているところ。

●市町村によって多少異なるものの、イミグランを含むいわゆる「頓服薬」はたいがい月に10回分が保険適用の限度。もっと数が必要なエレキさんが病院をかけもちしているのは国民健康保険の加入者であるので(今のところは)可能なのであり、勤め人が勤務先で加入する社会保険においてはきちんと個人をトレースしており、複数の病院を回って月10回分を超える薬を集めた場合はそれが把握され、「今後そういうことをした場合は超過分について保険対象としない」旨の注意書が送付される。

 いやーもう、勤めをヤメといてよかったーっ! まぁしかし逆に、市町村の国民健康保険財政の健全化の観点からはだ、個人のトレースができていない現行の体制は大いに問題ありだな(←おまえが言うなってか)。それにしても厚生労働省においてはイミグランの自己注射薬を速やかに認可するとともに、片頭痛だけでなく群発頭痛の適用も認め、「頓服=月10回」のワクにとらわれない柔軟な運用を求む。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0